ミズバショウとリュウキンカが咲き出しました!

例年になく雪消えが遅い今年の斑尾高原ですが、沼の原湿原のミズバショウとリュウキンカが咲き出しています。
今日は小雨まじりの肌寒い天気でしたので、ミズバショウもリュウキンカも少し寒そうに咲いていましたが、長い冬を越えてまた再会できました!


残雪の状況ですが、ここ数年の中でも今年は雪の消え方が特に遅く、湿原の大半はまだ雪の下です。
雪は固まっていますので、歩いて沈んでしまうというようなことはありませんが、長靴や防水性のあるトレッキングシューズ等での散策をおすすめします。
また、木道の上や湿原内に流れる小川の上など、踏み抜きにはくれぐれも注意してくださいね。


少し振り返りますと、なんと、昨年はこの時期はすでに見頃に近い感じでしたが(2018年4月27日の記事)、今年は一番の見頃はもう少し先になりそうです。
とはいえ、今年は雪と花をいっぺんに楽しめるチャンスでもあります!
天気のいい日を見はからってぜひお出かけください!


※斑尾山や希望湖などのトレイル(遊歩道)のほとんどは、まだ雪の下です。道標が隠れていたり、道がわかりづらくなっていたりします。今後の天候にもよりますが、5月中旬から下旬頃には残雪もほぼ消え、安全にトレッキングを楽しめるようになると思われますので、お出かけください。

s_DSC05507.JPG
いくら雪があってもいつも見事に咲いてくれます


s_DSC05518.JPG
純白のミズバショウに今年も逢うことができました!


s_DSC05516.JPG
気温が低く、今日はリュウキンカも寒そうに咲いていました


s_DSC05513.JPG
木道の上を歩ける状態の場所も一部あります


s_DSC05511.JPG
湿原中央の小川沿いのトレイルは雪解け水が多く、しばらくは歩けない状態です


前のページへ 山の家スタッフブログ一覧へ 次のページへ