湿原とトレイルが華やかになってきました!

4月下旬から咲き出している沼の原湿原のミズバショウ(水芭蕉)とリュウキンカ(立金花)の見頃が続いています。
ここにきて、湿原の遊歩道と木道にはほとんど雪がなくなり、またぬかるみもほぼなくなったので、運動靴などでも気軽に歩いていただけるようになりました。


湿原の周囲の木々の緑も濃くなってきて、初夏といった雰囲気です。ミズバショウとリュウキンカはまさに今見頃で、今週末くらいまでがピークかと思います。ミズバショウとリュウキンカが終盤になってくると、今度はミツガシワの群生が楽しみですね!


一方、残雪に隠れていたトレイルもかなり見えてきました。早速、ユキツバキやオオイワカガミ、オオカメノキといった花々がトレイルを彩っています。山の北側や沢筋にはまだ一部雪がありますが、トレッキングも楽しめる時期になってきました!


今シーズンも信越トレイルトレッキングツアーが6月4日からスタートします!
こちらへのご参加もお待ちしています。



s_DSC04835.JPG


s_DSC04911.JPG


s_DSC04920.JPG


s_DSC04877.JPG


s_DSC04883.JPG

前のページへ 山の家スタッフブログ一覧へ 次のページへ