斑尾高原に咲く花

アケボノソウ

  • アケボノソウ
別名 キツネノササゲ
学名 wertia bimaculata
時期 9月~10月
科名 リンドウ科
生育場所 沼の原湿原

アケボノソウ(曙草)

湿原や水辺など湿った場所に生え、秋を告げる植物の一つ。
名の由来は花びらの先にある斑点を夜明けの星に見立てたことからつけられたもの。

2年草であり、発芽後1年目はロゼットのまま過ごす。2年目に抽苔し、高さ80cm程度まで茎を伸ばす。茎の断面は四角形で、葉は10cm程度の卵状で互生する。ロゼットの根生葉は柄があるが、茎生葉は柄がないことが特徴的である。
花は分枝した茎の先端に径2cm程度の白い花をつける。黄緑色の特徴的な丸い模様がつく。