斑尾高原に咲く花

オタカラコウ

  • オタカラコウ
学名 Ligularia fischerii
時期 7月~10月
科名 キク科
生育場所 沼の原湿原

オタカラコウ(雄宝香)

花茎の高さは1mから2m程度になる。根出葉はフキに似て長い葉柄があり、心円形で径40cmから60cmになり、葉の縁は鋸歯状になる。茎につく葉の葉柄は茎を抱く。花期は7月から10月で、茎の上部に黄色い頭花を総状につける。総状花序の下から上へ開花していく。
全体がメタカラコウに似るが、メタカラコウの頭花の舌状花が3個程度であるのに対し、オタカラコウは8個程度で、また全体的に大ぶり。メタカラコウの根出葉の基部はほこ形になるが、オタカラコウは尖らない。