斑尾高原に咲く花

オオイワカガミ

  • オオイワカガミ
学名 Schizocodon soldanelloides
時期 6月~8月
科名 イワウメ科

イワカガミ(岩鏡)
常緑の葉は丸く、光沢がある。花期は春から夏。花は淡紅色で、花弁は5つに分かれ、その先端はさらに細かく裂けている。花茎は10~15cmで、5~10輪の花を横向きにつける。和名のイワカガミ(岩鏡)は、岩場に生えることと、光沢のある葉を鏡に見立ていることに由来する。

斑尾高原のような多雪地では鋸歯も多く葉も大振りのオオイワカガミが見られやすくなり、湿原ではイワカガミをそのまま小振りにしたコイワカガミが見られやすくなるが、この 3つについては変化がやや連続的であり、水分環境の差などによる生態的な適応として区別しない場合もある。