斑尾高原に咲く花

ニッコウキスゲ

  • ニッコウキスゲ
別名 ゼンテイカ(禅庭花)
学名 Hemerocallis middendorffii
時期 6月~8月
科名 ユリ科
生育場所 沼の原湿原

ニッコウキスゲ(日光黄菅)

名の由来は花が黄色で、葉がカサスゲの葉に似ることから。日光国立公園に多いことから地名がついているが、日本全国に分布している。

花期は6月上旬から8月上旬。草原・湿原を代表する花で、群生すると山吹色の絨毯のようで美しい。 高さは50cm〜80cm。花茎の先端に数個つぼみをつける。花はラッパ状で、大きさは10cmぐらい。花びらは6枚。朝方に開花すると夕方にはしぼんで しまう一日花。