斑尾高原に咲く花

リュウキンカ

  • リュウキンカ
  • リュウキンカ
学名 Caltha palustris
時期 4月~6月
科名 キンポウゲ科
生育場所 沼の原湿原

リュウキンカ(立金花)

根出葉は長い葉柄をもって束生し、葉身は心円形から腎円形で、長さ、幅とも 3-10cmになり、縁には低い鈍鋸歯を持つ。茎は直立し、花茎の高さは15-50cmになる。茎は中空で、茎葉は茎の上部につき、根出葉に似るが小型になる。

花は茎の先端および葉腋から長い花柄を伸ばし、径2-3cmの黄色い花をつける。
茎が直立し、黄金色の花をつけることから立金花と呼称されるようになった