斑尾高原に咲く花

トキソウ

  • トキソウ
学名 Pogonia japonica
時期 5月~7月
科名 ラン科
生育場所 沼の原湿原

トキソウ(朱鷺草、鴇草)

日本各地の日当たりのよい原野、湿地にはえる。
花の色がトキの羽の色をしている。環境省のレッドデータブックで絶滅危急種に指定されている。

地下に横に這う根茎がある。所々から地上に茎を立て、花茎の高さは10-30cm。葉の形は披針形または線状長楕円形で長さ4-10cm、幅7-12mmになり、一茎に1枚のみつける。
花期は5-7月、茎頂に紅紫色の花をつける。萼片の長さは1.5-2.5cmで長楕円状披針形、側花弁は萼片より短く狭長楕円形、唇弁は側花弁より長く先端が3裂する。唇弁の中裂片は大きく、内側に肉質の毛状突起が密生する。花は横を向き、大きく開かない。花下に長さ2-4cmの葉状の苞をつける。