斑尾高原に咲く花

カキツバタ

  • カキツバタ
学名 ris laevigata
時期 5月~6月
科名 アヤメ科
生育場所 沼の原湿原

カキツバタ(杜若、燕子花)

カキツバタは湿地に群生し、5月から6月にかけて紫色の花を付ける。内花被片が細く直立し,外花被片(前面に垂れ下がった花びら)の中央部に白ないし淡黄 色の斑紋があることなどを特徴とする。
アヤメとカキツバタの区別は難しい。アヤメとの大きな違いは、カキツバタは水辺に生えるが、アヤメは水がない山地や草原にも生え、外側の花びらに黄色い模様がある。またアヤメより葉が広い。
名の由来は「書き付け花(花の汁で布に書いて染めること)」が変化したもの