斑尾高原に咲く花

キクザキイチゲ

  • キクザキイチゲ
別名 キクザキイチリンソウ(菊咲一輪草)
学名 Anemone pseudoaltaica
時期 4月〜6月
科名 キンポウゲ科

キクザキイチゲ(菊咲一華)
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。キクザキイチリンソウ(菊咲一輪草)とも呼ばれる。

落葉広葉樹林の林床などに生育する。高さ10~30cm。花期は3~5月で、白色~紫色の花を一輪つける。キクに似た花を一輪つけることからこの名がついた。

春先に花を咲かせ、落葉広葉樹林の若葉が広がる頃には地上部は枯れてなくなり、その後は翌春まで地中の地下茎で過ごすスプリング・エフェメラルの一種。

花は茎頂に1個つき径3〜4cm、花弁はなく、萼片が花弁状となり、8〜12個、淡藍紫色または白色で狭長楕円形。
1心皮からなる子房をもつ雌蕊が中心部に球状に集合し、多数の雄蕊が周囲を取り巻く。葯は楕円形で長さ0.6〜0.8mm。

よく似た種にアズマイチゲがある。葉がアズマイチゲより深く切れ込んでいる点で区別ができる。