斑尾高原に咲く花

ユキツバキ

  • ユキツバキ
別名 オクツバキ、サルイワツバキ
学名 Camellia japonica subsp. rusticana
時期 4月〜6月
科名 ツバキ科

ユキツバキ(雪椿)
日本海側に分布し、ブナ帯林の林床などに自生する。エゾユズリハ、ヒメモチ、ヒメアオキ、ツルシキミ、ハイイヌガヤなどの日本海要素の常緑地這植物とともに、ブナ林などの林床にみられる。

幹の高さは1-2mほどになる。葉は枝に互生し、短い葉柄がある。葉の形は楕円形で先端は尖り、縁はヤブツバキに比べて鋸歯が鋭い。樹形は積雪の関係で地を這う形になる。

花期は4-6月で、花弁は薄く、水平に広く開く。雄蕊の花糸は合着せず、濃橙黄色から黄赤色になる。果実はまれに実り、種子は1-2個ある。