斑尾高原に咲く花

ミヤマカタバミ

  • ミヤマカタバミ
学名 Oxalis griffithii
時期 4月〜6月
科名 カタバミ科

山林の木陰に生える。 草丈10〜15cm。
葉は根生して長い葉柄がある。 3枚の小葉からなる。小葉は広倒心臓形、先端がへこみ、小葉の角は先端が丸みを帯びている。 小葉の裏面には毛がある。
長い花柄の先に1個の花をつける。
花は白色で花弁は5枚。 花弁にはうす紫色の筋が入る。 花の直径は3〜4cm。
陽が当たらないと花は開かない。 花後、閉鎖花を出し、よく結実する。
果実は蒴果で長さ約2cm。