斑尾高原に咲く花

ミズバショウ

  • ミズバショウ
学名 Lysichiton camtschatcense
時期 4月〜5月
科名 サトイモ科
生育場所 沼の原湿原

ミズバショウ(水芭蕉)

バショウの名は、花のあとに大きく成長する葉がバショウの葉に似ることからつけられたもの。
斑尾高原内の湿地に自生し発芽直後の葉間中央から純白の仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる苞を開く。
葉は花の後に出る。根出状に出て立ち上がり、長さ80cm、幅30cmに達する。

葉などの汁にはシュウ酸カルシウムが含まれ、肌に付くとかゆみや水ぶくれを起こすことがある。
ツキノワグマは冬眠後などにミズバショウの葉や花を食べる場合がある。これは、冬眠後の体内にある老廃物等を排出するための嘔吐剤・下剤として食べる。