よくあるご質問

斑尾高原を知る

おすすめの時期はいつですか?
グリーンシーズン(4~11月)の中でオススメは、花々と新緑が美しい4月下旬~5月下旬、梅雨が明けて爽やかな青空が広がる7月下旬~8月中旬、紅葉が見頃となる10月中旬~11月上旬です。
ウインターシーズン(12~3月)のオススメは、一年の中で最も寒くそして雪質が良い1月中旬~2月中旬、逆に天候が安定しポカポカ陽気の日も期待できる3月中旬~下旬です。
もちろん、その他の時期もその季節ならではの魅力がありますが、これらの季節が特にオススメです。
一方、シーズンオフとなり、お客様の姿が少ないのは紅葉が終わり雪が降るまでの11月中旬~12月中旬、スキーシーズンが終わり春が訪れるまでの4月上旬~中旬です。
斑尾高原(ペンションヴィレッジ)の全体的な距離について
一番高い場所にある斑尾高原ホテルを中心に、半径およそ500mの範囲(徒歩で15分以内)に宿泊施設やショップ、アクティビティ施設が収まっています。ペンションヴィレッジの端から端までを歩いても30分ほどです。またペンションヴィレッジから希望湖、沼の原湿原へはクルマで5分ほどです(トレイル、もしくは車道を歩くと約40分です)。
夏はどのくらい涼しいですか?
標高が約1,000mの斑尾高原は真夏でもとても過ごしやすい場所です。7・8月2ヶ月間の気温は最低気温の平均値が18℃、最高気温の平均値が23℃ほどで、日中は日差しがあれば汗ばむくらいの日もありますが、朝夕はとても涼しいです。お越しの際は夏でも長袖が一枚あると安心です。
斑尾高原は長野県ですか?新潟県ですか?
斑尾高原はちょうど長野県と新潟県の県境に位置しており、長野県飯山市と新潟県妙高市にまたがっています。また斑尾山頂付近には市町村界も集中しており、長野県飯山市・信濃町・中野市・飯綱町、新潟県妙高市の境目があります。
ちなみに同じ斑尾山麓にあるタングラム斑尾東急リゾート」(クルマで10分)は信濃町、「まだらおの湯」(クルマで5分)は中野市にある施設です。

遊ぶ・体験する

「斑尾パスポート」を購入したいのですが、どうすればいいですか?
斑尾高原観光協会に加盟しているお宿にご宿泊していただくとお一人4500円で購入することができます。宿泊の予約と同時にパスポートの予約(アクティビティの予約も)も行ってください。なお日帰り利用、加盟施設以外にお泊まりの場合は6000円にて購入可能です。その際は観光協会までお問い合わせください。
各アクティビティへの送迎はありますか?
各アクティビティの集合場所へは、ご自身で移動してください。「千曲川ラフティング」(場所/千曲川:斑尾高原よりクルマ40分)、「ウェイクボード」、「水上スキー」、「カヌー教室」(場所/野尻湖:斑尾高原よりクルマで25分)、「パラグライダー体験」(場所/木島平村:斑尾高原よりクルマ35分)以外は斑尾高原内ですので、徒歩での移動が可能です。
しかし、斑尾高原内でも希望湖へは徒歩ではかなり時間がかかりますので、お車でのご移動をおすすめしております。

宿を探す

宿のタイプはどんな感じですか?
大きくわけて、家族経営の収容30~50名ほどのペンション、プチホテルタイプと収容100名~300名ほどの大型ホテルの2タイプです。お部屋は洋室、和室、和洋室というようにお選びいただけます。また食事も各施設によってそれぞれの特徴があります。
温泉のある宿はありますか?
天然温泉が湧出している施設は「斑尾高原ホテル」のみです。日帰り入浴も可能ですので、どうぞご利用ください。なお、一部の宿泊施設では別の場所から温泉を運び使用しています。
宿がいっぱいあって選べません、、、
斑尾高原内には個性あふれる70軒ほどのペンション・ホテルがございます。「メールでおやど」からご希望(宿泊日、人数、希望部屋タイプ、食事内容等)をお知らせください。観光協会にてご希望に近い宿をご紹介いたします。

旅の計画

斑尾高原の中にガソリンスタンドはありますか?
申し訳ございません。高原内にガソリンスタンドはありません。飯山市街地および最寄りIC(豊田飯山IC、妙高高原IC)近くのガソリンスタンドをご利用ください。
最寄りのICは?
上信越自動車道の豊田飯山ICが最寄りで、斑尾高原まで最短ルートでおよそ15分です。飯山市街地経由の場合はおよそ25分です。ただし、北陸方面からお越しの場合は、妙高高原ICをご利用くださいICからはおよそ20分です。
斑尾高原の中に銀行(ATM)、郵便局はありますか?
銀行やATM、郵便局はありません。飯山市街地にあるコンビニエンスストア(セブンイレブン、ローソン)、八十二銀行、郵便局等をご利用ください。市街地までは斑尾高原からクルマで20分ほどです。
駐車場はたくさんありますか?
高原内に第1~第8まであり、十分なスペースがございます。グリーンシーズンは全て無料ですが、スキーシーズンは下記駐車場が有料となります。
第1・第2(普通車用)/1日500円
第3・第5(大型車用)/マイクロ1日1000円・大型1日1500円
雪道の運転が不安なのですが?
除雪体制が整備されていますので、四輪駆動車にスタッドレスタイヤという組み合わせならば、早朝や深夜を除き、クルマの通行にほとんど支障はありません。それ以外(前輪駆動・後輪駆動、普通タイヤ)の場合は必ずタイヤチェーンを携行してください。なお、地元ではおおよそ毎年12月上旬から4月上旬の間はスタッドレスタイヤを装着しています。
斑尾高原の中でバス・タクシーなどの公共の移動手段はありますか?
申し訳ございません。高原内のみで営業している公共の移動手段はありませんが、高原内は徒歩でおよそ15分圏内に宿泊施設、アクティビティ施設が点在しております。飯山駅からは路線バス(1日4~5本運行)が出ております。またタクシーではおよそ4000円(所要時間約15分)ほどの距離です。

トレッキング

ブナの森で散策をするにはどこがおすすめですか?
斑尾高原は雪国ならではブナの森が多くありますが、比較的手軽に散策を楽しめるのは、近年整備された「ふるさとの森」と赤池周辺に整備されているトレイルです。「ふるさとの森」はペンション・ホテル街からも歩いていける範囲にあり、30分・1時間・2時間・3時間というふうにモデルコースが設定されています。その他、袴岳や斑尾山の山頂付近にも見事なブナ林があります。
「ふるさとの森」は「歩こさいいやま」のサイト内でも紹介されています。
"歩こさいいやま 斑尾高原ふるさとの森"
ミズバショウの見頃はいつ頃ですか?
ミズバショウは雪が解けた場所から咲き出すので、全体的な見頃が長いのが特徴です。斑尾高原では例年4月下旬から5月下旬が見頃となり、一番の見どころである沼の原湿原では、ほぼ同時期にリュウキンカの大群落も見頃となります。その年の雪の量や4~5月の気温等によって一番のピークは多少変動しますが、およそ5月上旬~中旬が一番美しい時期となり、また周囲の新緑も日ごとに濃くなってきます。
ミズバショウの群落は沼の原湿原の他、希望湖の南岸や湖西側のトレイル沿いの沢などで見ることができます。
紅葉の見頃はいつですか?
例年紅葉の見頃は10月中旬から11月上旬です。ピークとなるのは10月下旬です。11月中旬頃になると葉っぱがほぼ落ちてしまいますが、落ち葉の上をかさこそと歩くトレッキングもおすすめです。ただ、この時期になるとしぐれると雪になる日も多いので、寒さ対策は万全にお願いします。
ペットと一緒にトレッキングできますか?
ペンションヴィレッジの南側のエリアにペット(犬等)と一緒に入れるトレイル(遊歩道)が整備されています。斑尾高原スキー場のゲレンデ部分と合わせると全長は11kmにもなり、ブナの森で森林浴をしながらペットと散策を楽しむことができます。専用のマップ(無料配布)や案内板で、ペットの連れ込み許可エリアをお確かめの上、お楽しみください。その他のエリアのトレイル(遊歩道)はペットの連れ込みはお断りしておりますので、ご注意ください。
トレッキングに行きたいのですが、どのような装備、服装が必要ですか?
季節により異なりますが、基本は長袖長ズボン、動きやすい服装でお越しください。特に下着は吸汗速乾性のあるものを着用しましょう。森の中の道を歩きますので、足元は履き慣れたトレッキングシューズなどをお勧めします。 もちろんレインウェア、飲み物、行動食等はお忘れなく。
地図も必携です。観光協会で発行しているトレイルマップ(一部500円)にはモデルコースや季節の花々等の紹介も載っていますので、ぜひご活用ください。